MENU

ナース人材バンクの評判口コミ、登録前準備をお手伝い

看護師であれば、規則正しい生活がしたい、健康的な生活を望みます。病院勤務ではとてもかないません。そんな時に勤務は平日のみ、夜勤がないクリニックの求人はとても魅力的です。もちろん体力的要素、時間が決まった職場での仕事は精神的にも負担が軽くなります。クリニックへの転職を考える前に、どの医療機関でも働き方が異なるということを理解するのは大切です。看護師という資格は同じでも、職場によって使える技術の分野が...

給与高めの仕事は魅力的です。看護師が転職するときに、人材バンクで大抵の求人が強調するのも高収入です。すぐに転職したいと思いますが、ここで立ち止まって考えてみる必要があります。給与高めの求人にはそれなりの理由があります。なぜなら給与の高さだけが本当の意味で高収入とは限らないからです。人間関係がよくないため、看護師がすぐに辞めるので給与を高くしてでも働いてほしい医療機関もあります。もちろんこうした職場...

子育て中の看護師、病院での激務で疲れた看護師にとって、日中のみ勤務の介護施設はよい選択肢です。給与の面ではそれほど高くはないけど、年配の方と接することができて、将来介護をする上で介護施設の求人は役立つと考えるなら、メリットの一つとなります。反対に、介護施設への転職を考える際に、どんな要素を考慮する必要がありますか?介護施設の求人にはもちろんメリットもありますが、デメリットもあります。例えば看護師と...

現在の病院勤務は2交代制が多いですが、病院が忙しい時間帯に看護師を確保しやすい、経費の削減に効果があるなど、大抵病院側のメリットが強調されやすいものです。看護師の立場に立って考えると、交代勤務をせず、日勤または夜勤のみの働き方が体にも気持ち的にも楽と考える傾向が増えています。看護師の2交代制には幾つかのメリットがありますが、最初にあげられるのが、日勤に比べて高収入を期待できる、あるいは休暇が長くと...

医療機関によっては、准看、正看を問わず重い責任を担っています。そのはずなのに待遇の格差は大きく、准看護師にとって不満の理由となります。それで准看護師が転職を考える際、正看護師になる目標を視野に入れた求人を探すなら、よい判断基準となります。正看護師になるためには、主に2種類のアプローチが考えられますが、どちらにもメリット、デメリットがあり、看護師の年齢、経済状況などによって変わります。准看護師の求人...

看護師が収入の良い常勤から扶養内の求人を探すときには、明確な目的があります。家族、特に子どもの世話のためか、配偶者特別控除が大切なので扶養内で働いてほしいなどの理由です。看護師は時給が他の業種に比べて高いので、注意しないならあっという間に扶養内の範囲を超えてしまいます。この状況を避けるためにどんな予防策を講じることができますか? 扶養内の求人を活用するには、目的意識をはっきりさせることと、意思表示...

どの病院でも看護師の確保には頭を悩めるところですが、訪問看護の分野では看護師の人手不足が深刻です。訪問看護の転職にはいくつかのメリットがあります。病院勤務よりも給料が高いこと、看護師として自立した働き方ができることなどです。こうした要素を考えると同時に、将来独立を目指す看護師にとってはキャリアアップのよい機会となるので、訪問看護の転職を真剣に考えることができます。メリットにもデメリットにもなるのが...

結婚や出産、家族の時間を大切にする看護師にとって土日休みの転職はありがたいものです。しかし医療機関は24時間365日。年中無休の病棟で土日休みの看護師として転職するのはあまり現実的でないように思えるかもしれません。実際にそのデメリットはなんといっても求人の少なさ。家庭を持つ看護師にとって高い競争率になります。では、どうすれば土日休みの求人を見つけやすくすることができますか?カギは、病院以外の見落と...

役所、保健所、一般企業などは、保健師としての資格を持つ看護師にとっての転職の選択肢です。今までは病院やクリニックなどで勤務してきた看護師にとって大きな変化です。保健師の求人を考えるときに、考慮したい2点のポイントがあります。それは、最初に看護師と保健師の仕事の性質は全く異なるということです。もう1点は、長く保健師として勤務するほど、再び看護師として転職するのが難しくなることです。このことを知ってお...

生命の誕生にかかわることができるのは助産師の特権といえます。助産師の冷静な判断と処置、出産前後の母子の安全にかかわる貴重な仕事です。医師とは別に自分自身で判断し処置をする分野もあります。そしてその勤務の性質のため、助産師への転職には相応の経験とスキルが求められます。看護師が助産師の転職を考える時、どんなメリットやデメリットを考えるとよいでしょうか?まずスキルアップという観点から考えてみましょう。ス...