MENU

クリニック求人で必要なのは、『ヒューマンスキル』

看護師であれば、規則正しい生活がしたい、健康的な生活を望みます。病院勤務ではとてもかないません。そんな時に勤務は平日のみ、夜勤がないクリニックの求人はとても魅力的です。もちろん体力的要素、時間が決まった職場での仕事は精神的にも負担が軽くなります。クリニックへの転職を考える前に、どの医療機関でも働き方が異なるということを理解するのは大切です。看護師という資格は同じでも、職場によって使える技術の分野が変わるのは当然。では、クリニックに転職する際に必要な「技術」とは何でしょうか?

 

「ヒューマンスキル」はなぜ必要か

病院勤務を経験すると、医療のさまざまな専門分野に携わります。病床の管理や手術の機会はキャリアを積むのに役立ちます。ところがクリニックに転職すると、新たな状況に直面します。受付や保険の取り扱い、業務の大半が診療補助になります。さらに病院にはない特徴として、患者との距離が近くなるので「ヒューマンスキル」が大切な技術になります。クリニックと患者のつながりはクリニックの評判と関係しているので、当然看護師にも、ただ患者の名前を知っているだけでなく、気遣いを示し、院長が診察しやすい雰囲気をつくることが求められます。それでクリニックへの転職を考える前に、「ヒューマンスキル」の高さはどうだろうかと自分を分析することは重要です。

 

「ヒューマンスキル」はどんな場面で活用できるか

クリニック勤務はどんな方に向いているでしょうか?患者と接することが好きでやりがいを感じている看護師向きと言えます。「人が本当に好きだ」「人と接することが楽しい」ということが全面に出ているなら,クリニックの雰囲気によい影響がでます。自分の話し方には明るさがあるだろうか?それとも冷たい雰囲気が語調にでる傾向があるだろうか分析してみると自分の適性を知ることができます。ヒューマンスキルは特に院長との関係で大切です。院長とのコミュニケーションがギクシャクすると、仕事全体の流れにも影響を及ぼします。話し方、語調、気遣いの示し方が院長、患者の双方にあらわれてはじめて、長く勤務することができます。

 

メリットとデメリットをはっきりさせることが大切

もちろんクリニックで働くことには幾つものメリットがあります。その中でも規則正しい生活で、仕事とプライベートを充実できるのは大きいです。同時に考える必要がある要素は、キャリアへの影響です。クリニックの勤務は、医療技術のスキルの向上は見込めません。反対に人との接し方で成長できます。他にも保障の面で病院勤務とも異なります。メリット、デメリットをしっかり把握した上でクリニックへの転職を考えましょう。




【ナース人材バンク】


ナース人材バンク
登録・利用 無料
求人数 6万件以上
非公開求人 >>こちらで確認
対応エリア 全国
運営 株式会社エス・エム・エス



ナース人材バンク


公式サイトへ


看護のお仕事


公式サイトへ

>> 人気ランキングを全て見る