MENU

助産師の資格はスキルアップと同時に、独立のチャンス

生命の誕生にかかわることができるのは助産師の特権といえます。助産師の冷静な判断と処置、出産前後の母子の安全にかかわる貴重な仕事です。医師とは別に自分自身で判断し処置をする分野もあります。そしてその勤務の性質のため、助産師への転職には相応の経験とスキルが求められます。看護師が助産師の転職を考える時、どんなメリットやデメリットを考えるとよいでしょうか?まずスキルアップという観点から考えてみましょう。

 

スキルアップの面でのメリットとデメリット

現在多くの助産院や小規模の医院で扱われるのは自然分娩のみです。母子の状態が難しくなるとすぐに大規模病院に転送されるのが一般的な流れです。それで病院ではあらゆるケースの妊娠や出産を経験します。高いスキルを保ちたい、将来自分で助産院を開業したいと考えている看護師にとって大規模病院での経験が後々の勤務に役立ちます。反対にデメリットになるのが、知識の幅が産科の領域に限られてしまうことです。その他には、体力的にきつい仕事になることです。数時間から十数時間もの間、出産に立ち会い、妊婦を気遣うのは大変な仕事です。これがメリットかデメリットかは看護師にとって変わります。それで、毎回の生命がかかわる助産師の転職は強い使命感が助けになります。ではどのようにスムーズに助産師としての転職ができるでしょうか?

 

独立を目指し、スキルアップを目指す

現在大規模病院でお勤めの場合、産科に限らず、他の科で看護師としての経験を積むのは大切です。産科のある病院によっては一定期間病院の別の科で看護師としての知識を学べるシステムもあります。転職を考える際に、そうしたシステムがあるかないかを確かめるなら、助産師として転職するだけでなく、スキルアップのうえで助けになります。さらに将来助産院を開業することを目標にするなら、モチベーションを保つことができます。助産院への転職を考える場合、病院との違いに注意して働くことができます。病院では一度に幾人もの妊婦に保健指導や母親教室も行いますが、助産院では妊婦にとって医師あるいはそれ以上に頼りにされることになります。そして妊婦とのコミュニティも大切なスキルです。それで将来の目標をしっかり定めて転職先を選ぶことが大切です。

 

助産師はお産のスペシャリストです。そして毎回新たな生命が産み出される喜びは、やりがいのある仕事です。看護師として自信の健康に気をつけつつ、充実感をじかに経験できる助産師の転職を積極的に考えることができます。




【ナース人材バンク】


ナース人材バンク
登録・利用 無料
求人数 6万件以上
非公開求人 >>こちらで確認
対応エリア 全国
運営 株式会社エス・エム・エス



ナース人材バンク


公式サイトへ


看護のお仕事


公式サイトへ

>> 人気ランキングを全て見る