MENU

病院の奨学金制度を利用するか、経験を優先して通信教育を選ぶか

医療機関によっては、准看、正看を問わず重い責任を担っています。そのはずなのに待遇の格差は大きく、准看護師にとって不満の理由となります。それで准看護師が転職を考える際、正看護師になる目標を視野に入れた求人を探すなら、よい判断基準となります。正看護師になるためには、主に2種類のアプローチが考えられますが、どちらにもメリット、デメリットがあり、看護師の年齢、経済状況などによって変わります。准看護師の求人で、奨学金制度を設けているものもあります。どんな要素を考えるとよいでしょうか。

 

病院の奨学金制度を利用できる求人を探す

准看護師の求人には、病院が奨学金制度を設けているものもあります。こうした転職の最大のメリットは、早い段階で正看護師の資格をとれることです。准看護師としての実務経験が3年以上あるなら、その後2年課程の看護師学校養成所または看護師短期大学を卒業すると国家試験の受験資格ができます。反対にデメリットになるのは、看護師としてその病院に拘束されることです。それで奨学金制度を設けている病院に転職することを考えている准看護師は、その職場が長く勤めることができる環境かを確認できるなら良い転職につながります。反対に、すでに准看護師としての経験がある程度長い場合は、もう一つのアプローチがあります。それが通信教育による方法です。

 

准看護師として勤務した後に通信教育で正看護師になる

すでに准看護師としての経験が10年以上ある方、もしくは10年近く実務経験がある准看護師が転職を考えるときには、通信教育による看護師学校養成所を修業することも視野にいれることができます。この場合のメリットは、どの病院で勤務しても経験として換算されるので、自分にとって働きやすい環境でスキルを磨くことができることです。反対にこの方法のデメリットは時間がかかることです。その間准看護師として給与の違いなどを経験することになります。それで准看護師としての実務経験があまりない方にとっては時間がかなり掛かることです。引き続き准看護師として歩むことを選ぶ際は、准看護師が多く活躍している医療機関に転職するなら、昇進のチャンスや更に実績を積む機会が増えます。

 

准看護師として転職を考えるときあらかじめ目標を定めることが大切です。引き続き准看護師として働きたいと考えているか、それともこの機会にスキルアップを目指そうと考えているかによって手段は変わるからです。准看護師の求人を効果的に活用するなら、将来に向けた賢い転職ができるでしょう。




【ナース人材バンク】


ナース人材バンク
登録・利用 無料
求人数 6万件以上
非公開求人 >>こちらで確認
対応エリア 全国
運営 株式会社エス・エム・エス



ナース人材バンク


公式サイトへ


看護のお仕事


公式サイトへ

>> 人気ランキングを全て見る