MENU

病院以外の見落としがちな求人も選択肢に入れる

結婚や出産、家族の時間を大切にする看護師にとって土日休みの転職はありがたいものです。しかし医療機関は24時間365日。年中無休の病棟で土日休みの看護師として転職するのはあまり現実的でないように思えるかもしれません。実際にそのデメリットはなんといっても求人の少なさ。家庭を持つ看護師にとって高い競争率になります。では、どうすれば土日休みの求人を見つけやすくすることができますか?カギは、病院以外の見落としがちな求人を選択肢に入れることです。一つ目の選択肢は、企業や学校などの勤務先で看護師として勤務することです。

 

病院以外にどんな選択肢があるか

大抵の小中学校や保育園では、医務室または保健室の担当看護師がいます。さらに企業においても医務室の勤務の求人があります。この場合土日祝日が休みである場合が多いです。子どもを持つ看護師にとって、小中学校や保育園での勤務は、学校での子どもたちの状況を知るのに助けになります。また、企業での医務室の勤務は、主婦、母親の目線から健康管理についてアドバイスする機会が増えるので、やりがいを感じられる勤務になります。これらの求人は人気があるので見つけた時にすぐ行動に移し、小さなチャンスを逃さないことが大切です。それ以外には、訪問看護や介護施設での求人も比較的土日休みの求人が多いと言えます。それでもやはり病院で働きたいと思うときにはどんな要素を考えるとよいでしょうか?

 

病院での非常勤看護師の求人では、目的をはっきりさせることが大切

医療機関では常勤の看護師に加え、非常勤の看護師の求人もあります。非常勤勤務は固定の曜日に休むことなど、融通が利きやすいものですが、デメリットもあります。待遇の面で常勤のように給与をもらえないこと、担当できる仕事に限りがあることなどです。それでキャリアを伸ばしたいと考える看護師には向いていません。それで、非常勤勤務への転職を考える際には、目的をはっきりさせることが大切です。何を優先させたいと考えていますか。キャリアでしょうか、それとも今後は家庭を中心として、キャリア向上は期待しないで、あくまでも家計を支えるために仕事をするというスタンスで転職しますか。目的のしっかりとした人生設計は、どの職場でも看護師の仕事を充実させるのに役立ちます。

 

看護師として高い志を持っていると同時に、家庭を守りたいという願いは自然なものです。それでどの転職先になるとしても、小さなチャンスを逃すことなくとらえることが大事です。そうした願いをもつ看護師は、たとえ病院でもその他の医療施設へ転職しても、一看護師という職業としてだけでなく、母親、妻としての気づかいが職場での雰囲気づくりに大いに役立つことでしょう。




【ナース人材バンク】


ナース人材バンク
登録・利用 無料
求人数 6万件以上
非公開求人 >>こちらで確認
対応エリア 全国
運営 株式会社エス・エム・エス



ナース人材バンク


公式サイトへ


看護のお仕事


公式サイトへ

>> 人気ランキングを全て見る