MENU

人好きな看護師も独立を目指す看護師にもキャリアアップできる働き方

どの病院でも看護師の確保には頭を悩めるところですが、訪問看護の分野では看護師の人手不足が深刻です。訪問看護の転職にはいくつかのメリットがあります。病院勤務よりも給料が高いこと、看護師として自立した働き方ができることなどです。こうした要素を考えると同時に、将来独立を目指す看護師にとってはキャリアアップのよい機会となるので、訪問看護の転職を真剣に考えることができます。メリットにもデメリットにもなるのが訪問看護の転職の特色です。それは看護師が患者や家族と密に接することです。それで人間関係の得手不得手が訪問看護の転職の向き不向きに影響します。どういうことか具体的に見てみましょう。

 

人が大好きという看護師に最適な訪問看護

訪問看護の利用者やその家族の性格はさまざまです。利用者の中には、感情を表現しない人もいます。また怒りっぽい人もいます。前任の看護師と比較する人もいるので、もしそういう密な接し方が負担に感じる看護師にとって訪問看護の仕事は向いていないと言えます。反対に人が大好きで、積極的に利用者やその家族と接することができるなら、訪問看護の仕事を長続きさせることができます。毎週訪問すると、目に見えて利用者の健康状態を把握し、成果をじかに感じ取ることができるのでやりがいを感じやすくなります。では訪問看護の転職ではキャリアアップの可能性はあるのでしょうか?

 

訪問看護の転職は、将来独立を目指す上で助けになる

訪問看護ステーションは、正看護師の資格を持っていて初めて管理者になることができます。訪問看護師の経験を積むなら、独立して自分で訪問看護ステーションを立ち上げることもできます。高齢化社会が進む中で、看護師が独立できるチャンスは、訪問看護の魅力の一つです。その他にも、訪問看護師として経験を積むことには幾つかのメリットがあります。短期的に見るなら、物事を柔軟に対応する力、判断力を培うことができます。緊急時の対応能力を向上させることもできます。

 

ますます高齢化社会が進むに連れ、訪問看護は将来性のある転職先と言えます。仕事と子育てを両立するため自由な時間帯で働きたい、スキルアップを考えている看護師にとっておすすめの転職です。訪問看護の現場では医師がおらず、自分自身で判断をする場面もあり、新卒の看護師では多少ハードルが高いかもしれませんが、魅力のある仕事と言えます。さらに訪問看護師は利用者の看護だけでなく、病院側との橋渡しもしますので、地域医療の中心として満足の行く仕事を行うことができます。




【ナース人材バンク】


ナース人材バンク
登録・利用 無料
求人数 6万件以上
非公開求人 >>こちらで確認
対応エリア 全国
運営 株式会社エス・エム・エス



ナース人材バンク


公式サイトへ


看護のお仕事


公式サイトへ

>> 人気ランキングを全て見る